高等部コース制について

高等部の3年間は、卒業後の社会生活に向けて準備をしていく大切な期間です。知的障害教育部門高等部では、コース制を中心にその準備を進めています。「将来の生活」を見据えて、「そのために今何をするのか」を考え実践するのがコース制です。ワークコースとアートコースに分かれて活動するワーク・アートの授業は毎週火曜日と金曜日に行われ、それぞれが所属している班やグループで様々な取り組みが行われています。

ワークコース

一人ひとりがより良く生きる力として、基礎的な生活力、人と関わる力、社会の中で生きていく力を身につけることを目指します。ワーク・アートの授業では木工や農園芸などの7つの班に分かれて製品作りや農作物の収穫などを行っています。文化祭では自分たちで作ったものを販売します。

環境整備班の掃除をしている様子の写真です。

環境整備班

テーブル拭きや靴箱拭きの手作業の他、職員室、廊下、トイレなどその場所に応じた用具を使い清掃しています。また、近隣の老人ホームに伺うこともあり、準備から片付けまでひとりで取り組めるようにしています。
木工班のイス作りの様子の写真です。

木工班

イスやサイコロづくりでは、一人ひとりに合った作業に取り組み、みんなで一つの製品を作ることを目標に取り組んでいます。また、製品を作る喜びや完成させる喜びも大切にしています。
農園芸班の畑の写真です。

農園芸班

ナスやピーマンなどの野菜を栽培・収穫を基本とし、ビオラやマリーゴールドなどの花を育てたり、☆柿祭に向けて販売や袋づめの練習を行っています。生徒みんなが充実感を持てるよう活動しています。
洗濯班の かごをもって活動している写真です。

洗濯班

生徒の特性に応じた4グループ(ビブス班、ウエス班、エプロン班、軍手班)で校内の洗濯作業と星が記載で販売する染物や石けん製作をしています。視覚支援を活用して、主体的に取り組めるように工夫しています。
食品加工班のパン作りの様子の写真です。

食品加工班

火曜日はパン作り(午後から喫茶)金曜日はマドレーヌ作りを行っています。生徒は自分の手順書を見ながら、準備・作業・片付け行ってます。自分から積極的に作業に取り組んでいます。

手工芸班の刺しゅうをしている写真です。

手工芸班

スウェーデン刺しゅうやクロスステッチ・ビーズなど個々の生徒に合わせた作業を行っています。作ったものは眼鏡ストラップや巾着、ペンケースなどに仕上げて☆柿祭などで販売しています。

やきもの班のやきものの写真です。

やきもの班

土粘土を伸ばすたたら板作りによるお皿の製作と泥状の粘土を流し込む鋳込み作りによるコップやお椀の製作を中心に行っています。粘土が食器となり、家庭で使用されて喜ばれることも生徒の作業意欲につながっています。


アートコース

アートコース表現活動を通して自分で選択した課題にじっくりと取り組み、その成果を発表することで主体的な活動することや、社会参加をする力をつけることを目指します。ワーク・アートの授業では、音楽グループと美術グループに分かれて活動します。

音楽グループ

音楽グループの バイオリンを弾いている生徒の写真です。

教育内容の紹介

高等部 アートコースの音楽グループ、別名「アンサンブル あさお」は、毎週火・金曜日の授業でヴァイオリンとフルートを練習しています。日々の練習の成果は、年に2~3回あるコンサートで発表しています。また、ヴァイオリニスト五嶋みどりさんが理事長を務める認定NPO法人ミュージック・シェアリングの「楽器指導支援プログラム」より、ヴァイオリンとフルートを無償でお借りし、レッスンの先生を派遣していただいています。レッスンの最後には先生方に演奏していただき、美しい音色のイメージを創っています。
 アンサンブル あさおの活動は、進路学習のひとつでもあります。文化祭販売学習用のビーズストラップ・エコバッグなど自主製品の製作にも取り組んでいます。その他、学外の活動として、自由参加でバックステージ(チケットもぎり、プログラム配りなど地域のコンサートのお手伝い)を行っています。大好きな音楽に関わりながら働ける、貴重な時間です。

主な年間予定

儀式(終業式、卒業式)での校歌演奏

校内ミニコンサート

7月 サマーコンサート

11月 ☆柿祭(ミニコンサート、製品販売)

2月 アートコース発表会

活動内容   *こちらをクリックすると詳細が表示されます。

〇校内での演奏やコンサート

〇地域のコンサート 

●11月 ユニヴァーサルコンサート [場所]新百合21ホール
(あさお芸術のまち実行委員会より出演依頼)

〇特別なコンサート 

●サントリーホール スペシャルステージ(五嶋みどりさんたちと合同演奏)
[日時]平成26年10月10日(金) 開演18:00
[場所]サントリーホール
[演奏曲]「きらきら星変奏曲」
[演奏]麻生養護学校と五嶋みどりさん、レッスンの先生方
「楽器指導支援プログラム参加校」
麻生養護学校 音楽グループ
横浜国立大学教育人間科学部附属特別支援学校 音楽部
筑波大学附属桐が丘特別支援学校 高等部バンド部

●国立新美術館ロビーコンサート(五嶋みどりさんたちと合同演奏)
[日時]平成28年6月10日(金) 開演18:30
[場所]国立新美術館 1階エントランスロビー
[演奏曲]「MIDORI Song」久石 譲 作曲
[演奏]五嶋みどりさんと弦楽カルテット
「楽器指導支援プログラム参加校」
麻生養護学校 音楽グループ
横浜国立大学教育人間科学部附属特別支援学校 音楽部

●クイーンズ・スクエア横浜 合同コンサート(五嶋みどりさんたちと合同演奏)
[日時]平成29年6月23日(金) 開演18:00
[場所]クイーンズ・スクエア横浜 クイーンズサークル
[演奏曲]合奏「いたずら子猫のミー(しっぽあり)」
合同合奏「MIDORI Song」久石 譲 作曲
[演奏]五嶋みどりさんと弦楽カルテット
麻生養護学校 音楽グループ
横浜国立大学教育人間科学部附属特別支援学校
川崎市立中央支援学校
高津養護学校 生田東分教室
 (合唱)リトル・キャロル

..〇不定期 バックステージ(地域のコンサートのお手伝い)

音楽グループのこれまで *こちらをクリックすると詳細が表示されます。

●第30回 時事通信社「教育奨励賞」努力賞受賞
平成27年10月、表現支援コース(平成27年度よりアートコースに名称を変更)音楽グループのこれまでの表現活動の取り組みについて、時事通信社より「教育奨励賞」努力賞を受賞いたしました。

●神奈川新聞「学校へ行こう」コラムへの掲載
 平成28年10月3日(月)神奈川新聞「学校へ行こう」のコラムに本校のアート音楽グループの活動の様子が掲載されました。

●アメリカ大使館クリスマスパーティー
 平成28年12月、当時アメリカ駐日大使であったケネディ氏よりアート音楽グループの卒業生が大使館のクリスマスパーティーにご招待いただきました。平成26年10月サントリーホールで五嶋みどりさんたちと演奏したスペシャルステージをご覧になられていたケネディ氏より当時一緒に演奏したミュージック・シェアリングの「楽器指導支援プログラム」参加校の生徒たちが招待され、パーティーでの素敵な催しや美味しいお料理をいただきました。

●ヴァイオリニスト 五嶋みどりさんから
 私たち音楽グループの活動を日ごろからご支援くださっている認定NPO法人「ミュージック・シェアリング」の理事長を務める五嶋みどりさんからメッセージをいただきました。世界的にご活躍され、ご多忙な毎日を送っていらっしゃるにもかかわらず、温かいお言葉とお気遣いをいただき、生徒たちも大喜びです。夏の活動の際に、3年生が生徒代表でお礼のお手紙を書きました。「また、2学期から頑張ろう!」と生徒たちと意気込んでいます。

麻生養護学校の皆さんへ
 毎年6月には皆さんの学校に訪問して練習の様子を見学したり、演奏を聴けるの を楽しみにしていたのですが、今年は東京に滞在する日が少なく、残念ながら皆 さんにお会いすることができませんでした。 4月から新しい仲間も増え、サマーコンサートに向けて、練習に励んでおられる 頃と思います。頑張ってください。 昨年のサントリーホールでのプレコンサートのときのように、また一緒に演奏で きる日を楽しみにしています。
2015年7月8日 五嶋みどり

美術グループ

教育内容の紹介  

高等部 アートコースの美術グループ、別名「アトリエ・アンカラ」では、毎週火曜日と金曜日のワーク・アートの授業で、それぞれの表現活動に取り組んでいます。「アトリエ・アンカラ」とは、アイヌのことばで『つくる』、という意味です。ワーク・アートの時間中、美術室は「アトリエ・アンカラ」になります。活動は制作だけではなく、校内・外での作品展示やオリジナル商品の販売などを行っています。 自由な創作活動作品の制作は、それぞれが好きな画材、題材を選んで、自由に行い、生徒はそれぞれに生き生きと活動しています。

自由な創作活動   

それぞれが好きな画材、題材を選んで、自由に行い、生徒はそれぞれに生き生きと活動しています。

社会参加につなげる力を育てる

アトリエ・アンカラでは作品制作だけでなく、毎週火曜日の午後には、メモ帳や一筆箋などのオリジナル製品を作っています。作業を通して、卒業後の生活につながる作業力や仕事に向かう姿勢を身に付けていきます。また、作品制作の前の準備、片付けや清掃など、アトリエを大切に使うことも制作に伴う重要な仕事と考え、それぞれのペースに合わせて自立して行えるような支援を心がけています。  作品展示や製品販売を通してたくさんの人と出会うことが、生徒の人間関係を広げ、社会との接点を増やします。そしてその中で、他者に認められる経験、必要とされる経験を積むことが、生徒の自己実現への意欲を高め、社会参加を促すことになると考えています。

作品発表

アトリエ・アンカラでは、作って終わりになりがちな彼らの造形活動を、人に見せることによって「表現」として成り立たせるような支援を目指しています。作品展示はもちろんオリジナル製品の制作・販売も「表現」です。

アトリエ・アンカラの作品 *こちらをクリックして作品をご覧ください。

タイトルをクリックしてアトリエ・アンカラの作品をご覧ください。

年間行事  *こちらをクリックすると詳細が表示されます。

平成28年7月23日(土)あざみ野第一小学校 夕涼み会にて出店

小学校PTAの夏行事に出店参加させていただいています。今年は魚釣りゲームのお店で大盛況でした。アンカラ製品も販売させていただきました

 

平成28年11月18日(金)~19日(土)本校文化祭 ☆柿祭

本校文化祭では、毎年オリジナルTシャツを販売し、好評をいただいています。オリジナル商品の他に、やきもの班とのコラボ企画で作った絵皿、夢屋とのコラボ・タオルなどの販売をしました。毎年、アンカラ・メンバーのオリジナル&手作りのアンカラメモ帳、一筆箋は好評で、すぐに売り切れてしまいます。↓文化祭当日の作品展示の様子です。

 

 

 

 

 

平成29年2月4日(土)アートコース発表会にて作品展示・作家紹介

場所:本校体育館音楽グループと共催で、毎年3月に行っていた発表会を、平成28年度は本校体育館で行いました。美術グループ・アンカラは、会場内での作品展示トスライト上映による作品発表を行いました。

あざみ野第一小学校の夕涼み会にて出店した時の、魚釣りゲームのお店の写真です。本校文化祭 ☆柿祭で販売している様子の写真です。アンカラがやきもの班とのコラボ企画で作った絵皿の写真です。アンカラのオリジナルTシャツ、ハンカチ、メモ、一筆箋の写真です。アトリエアンカラの写真です。アートコース発表会の写真です。廊下の壁に飾られた絵の写真です。

展示活動  *こちらをクリックすると詳細が表示されます。

校内常設展示

本校廊下1F~3Fに展示スペースを設け、美術グループ・アンカラの作家作品を常設展示しています。




今週の一枚

1Fの玄関正面に設けた今週の一枚コーナーには、美術グループ・アンカラの最近の作品をピックアップして展示しています。


 
本校廊下1~3階の展示スペースに飾られてある絵の写真です。1階玄関正面に設けた今週の一枚のコーナーの絵の写真です。

動く美術館(スクールバス展示)

毎日本校児童・生徒が乗っているスクールバスの窓に作品を張って展示しています。生徒の作品が地域を走ります。




本校スクールバスの窓に貼ってある作品の写真です。

校外常設展示

王禅寺町会会館では玄関正面に展示させていただいています。会館を利用される方、皆さんに見ていただける場所です。写真は、いつもお世話になっている小林さんです。

王禅寺町会会館の玄関正面に展示させていただいている作品の写真です。

特老ヴィラージュ虹ヶ丘 2F廊下

ホームの2F廊下と医務室内に作品を展示させていただいています。作品の入れ替えに伺うたびに、職員の方が声をかけてくださいます。



特別養護老人ホームヴィラージュ虹ヶ丘の二階廊下と医務室に展示させていただいている作品の写真です。

虹ヶ丘コミュニティー・ルーム 1F

1F廊下の壁面に展示させていただいています。  担当の方に「誰が描いたの?何を描いたの?」と、直接質問していただいています。
虹ヶ丘コミュニティールーム1階に展示させていただいている作品の写真です。

その他の活動   *こちらをクリックすると詳細が表示されます。

10周年記念クリアファイル

本校の10周年の記念品のクリアファイルのデザインに、美術グループ・アンカラの生徒の描いたイラストが採用されました。(H27年) このように、デザインやイラストなどの依頼を受けることで、生徒の活躍の場が増え、貢献できる機会を持てることも美術グループの特徴です。

麻生養護学校本校の10周年記念品のクリアファイルの写真です。

平成28年12月11日(日)都内ライブハウスにて作品展示

本校でも活動されている社団法人カナウェルのお誘いで、コンサートと同時開催でアンカラの作品展示、製品販売を行う機会をいただきました。アンカラメンバーとカナウェルのデコピンさんとのコラボ作品(左の写真)

平成28年12月27日(火)神奈川県庁にて、教育委員会表彰式でアンカラの活動が表彰されました。

代表者2名が出席して授与されました。地道な活動が認められたことはメンバーの励みになりました。



社団法人カナウェルの方とアンカラメンバーのコラボ作品の写真です。神奈川県庁にて、教育委員会表彰式でアンカラの活動が表彰された時の写真です。表彰状の写真です。